スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランダースガレーなんかチラシの裏で造ってみる

今日は船の製造について。現在アラビアンガレーを利用してますが、最低耐久になってしまい、NPC相手ならまだしも、大海戦なんかではぜんぜん役に立ちません。ということで船の買い替えなんかたくらんでいるわけで、その辺の考えてることを書いてみようかと。

実際造船を頼む上でも明確に伝えたほうがわかりやすいですもんね。

基本的に商船は倉庫を最大拡張することしか手段はないですが、軍船は旋回性能や容量、耐久性能などの観点からけっこうなバリエーションがあります。これだ、というのがあるようでないのが特徴で、その煮詰め方は結局は個人のスタイルによるものと思われます。
フランダースガレー(エルム) 2,460,000 D
 耐451 縦175 横62 漕095 旋9 波2 装17 / 人110 砲64 倉396
重ガレー(ビーチ) 2,650,000 D
 耐450 縦175 横70 漕100 旋8 波1 装18 / 人120 砲72 倉408
ラ・レアル(オーク) 6,100,000 D
 耐575 縦173 横63 漕100 旋7 波1 装18 / 人130 砲80 倉430
重キャラック(ビーチ) 3,600,000 D
 耐360 縦180 横90 漕000 旋8 波5 装14 / 人120 砲48 倉492

Lv30代の軍船と基本的な性能は以下のとおり。商用大型ガレーや戦闘用ガレオンなどはおいらが乗れないのでスルー。こいつらからセッティングを考えて造船スキルのある人に頼もうかと。
数字の羅列は、前半が基本性能で、耐久 縦帆 横帆 漕力 旋回 対波 装甲で、後半は船員 砲室 倉庫の順。載せられる大砲の数などはちょっと省略。

■基本素材の設定
フランダースガレーを狙ってみたりなんかしてます。まだ最終決定ではないですが、個人的にはアラビアンガレーの上位版という位置付けで狙ってたりします。なんてったって冒険Lvを必要としますからね!
耐久に関して。それぞれの素材が異なるため、親方販売の場合耐久が異なりますが、一様に同素材を利用した場合は、オーク材を利用した場合、それぞれの耐久がフラガレ537、重ガレー562、ラ・レアル575、重キャラック460と、重キャラックを除いて500を超えるので個人的にはスルーできるライン。


ん?


ちょっとまって?

アラビアンガレー(チーク) 3,840,000 D
 耐467 縦193 横78 漕090 旋10 波3 装14 / 人105 砲56 倉439


ちなみにアラガレのオーク材仕様の耐久は531。となるとフランダースガレーがこいつに対して持っているアドバンテージといえば装甲が硬いってことだけじゃないのか!撤回撤回、もう帰るよ!

 ( ⌒ ) ポッポー
   l | /

⊂(#・∀・)   なんだよ、夢と希望を返せよ!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |   
         人ペシッ!!
      (_)
     )(__)(_
    ⌒)   (⌒
      ⌒


■材質の決定
世間では切り札級の船には鉄素材を用いますが、このフラモジャ、もう切り札もクソもなくなったのでオークで行こうかと思います。

鉄が愛される理由としてやはり高耐久性能が挙げられると思います。船上においての最優先事項はやはり耐久性能。これだけあっても一撃で屠られることがありますが…。ただしその性能に対する価格もそれ相応で、通常の5倍もしたりします。貧乏人には手を出すのはちょっとまだ早いですね…。

ええと、そこでオーク素材。それなりの耐久性能と航行能力を与えてくれる、まさに軍船の素材としてばっちりじゃないですか!ちなみに航行性能を優先とする場合にはチーク素材を利用します。サムブークやジーベックにチーク素材を利用されるのはこのため。ただしこの材質がイスラム圏でしか利用できないので注意。


■倉庫の設定
ここでいう倉庫の設定とは最大容量の設定のことで、後述する船室や砲室の容量変更とは異なります。倉庫を大きく設計することで倉庫の量を増やしてしまおうというもの。ここで設定しないと、あとで容量増加などはできないので注意が必要。

倉庫を増やすと荷物がいっぱい持てるようになりますが、旋回性能や航行速度(航行速度は数値としては見えない)が落ちるというデメリットがあります。逆に倉庫を減らせばこれらは上がります。
特に旋回性能に関しては相手の砲弾を回避する上で重要なウェイトを占めてくるので重要視されています。旋回は1違うと「ちょっと重いかな?」程度ですが、2も違うと体感がかなり変わるのでしんどいです。フリゲートがよく利用されるのはこの旋回性能がずば抜けて高いからなのです。
船のカスタマイズに関しては倫敦第三造船所の造船シミュレータを利用してみると造船の一助になります。

話が説明で流れましたが、フラガレの倉庫拡張は+11で押さえとこうかと。それ以上上げると旋回性能が落ちるます。この点に関しては容量最小に削減の「旋回命派」と、容量最大限拡張の「倉庫がないと落ち着かないお!派」というのもあります。
基本的に「長時間滞在可能な船」を造りたいので旋回性能が落ちない程度の倉庫拡張をします。それだとアラガレのほうが楽なんですけど…。考えるとフラガレが不憫に感じるのでもう考えないようにします。さらばアラガレ!


■船室・砲室の改造
造船後の話。船室や砲室を増減させることで倉庫の容量を増減させることができます。これは何回でも可能で、それぞれの場面で改造を行えばいいかと思います。
船室は、やっぱり白兵メインの船なので最大拡張。砲室は、この船3台しか船側砲載らないので14門x3+船首砲6門の48門載るように改造。そうすることで倉庫の容量は!368になった。アラガレ150人で倉庫400を利用している身としてはあれはスクナイヨスクナイヨ…。10日くらいしか運行できないよ…。

船首砲は小型2門、中型4門、大型6門扱い、船尾砲は小型4門、中型6門、大型8門扱いになるのでそれぞれ使い方にあわせて砲室改造してください。


■まとめ
こうやって船一隻作るのにあれこれ考えるのは楽しいのですが、ぶち当たるは船の性能の壁。フランダースガレーがこれほどまで乗られてない理由がわかる気がw。フラガレかわいいよフラガレ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

もじゃ

  • Author:もじゃ
  • サーバー:Notos
    国籍:ポルトガル→イスパニア亡命中
    職業:上級士官(冒険Lv46 交易Lv50 戦闘Lv64)
    商会:いらん子(セビリア13番商館)
    のうきんさん!
    収奪!

    兼業軍人の苦労の日々を大公開。ポロリは期待してもないよ。
ブログ内検索
最近のコメント
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
ドリコムRSS

ブログペット

ブログで勇者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。